堺の私の家のようにもっと外の光を家に採り入れたい人はリフォームを

SITEMAP

明るい部屋

和室リフォームの考え方とポイント

シンプルな部屋

家のリフォームにはさまざまな箇所が挙げられますが、和室のリフォームを検討することも当然あると思います。今回は和室リフォームの考え方とポイントについて解説いたします。
和室は他の部屋に比べて利用頻度が低くなりがちですが、普段使わない部屋だからといって部屋干しを行うのは好ましくありません。なぜなら、畳や和室の砂壁などはカビのできやすい部分だからです。湿気などがあるとすぐにカビが生えてしまいます。だから、室内干しは控えたほうがいいのです。また梅雨のように、湿気の多い季節も注意が必要です。万が一カビが生えてしまったら、すぐにリフォームを検討してください。このカビは除去しにくいので、張り替えてしまったほうが早いのです。
最近では和室の壁や押し入れなどを全て洋室へリフォームしてしまう、といった選択をする人が少なくありません。こうした完全リフォームも可能なんですね。もし洋室のほうが使い勝手が良い、という場合は、全て入れ替えるという選択肢もアリかもしれません。またモダンテイストに切り替えることも可能ですし、洋室から和室へという発想もあります。このように、和室のリフォームは意外にもバリエーション豊富なので、チェックしてみるのも面白いですよ。

UPDATE CONTENTS

TOP