堺の私の家のようにもっと外の光を家に採り入れたい人はリフォームを

SITEMAP

明るい部屋

子供部屋の考え方について

落ち着いた部屋

新築、そしてリフォーム時に気にかかるポイントとして子供部屋は常に上位に来ると思います。一昔前であれば、子供一人に一部屋。そこで寝室としても、勉強部屋としても活用できるベッドや勉強机という家具も合わせて調達するという形が一般的でした。今の子供の育て方のスタイルとしてこれまでのような個人お部屋を設けるということは「こもる」という悪い傾向に至る可能性をはらんでいます。
子供の成績をライフスタイル別に見た場合、子供部屋で勉強せず、リビングで親と一緒に勉強するほうが良いという統計結果が出ているほどです。なるほど、今の子供たちのことを考えれば、こうなるのは必然的です。
ですから、リフォームを行う場合もリビングをいかに広く、快適に過ごすことが出来るのか、そして家具まで想定した設計が重要になってくるかと思います。子供の勉強するスペースとして以下に開放的で明るい環境か、そしてあまりテレビが見やすい位置にならないかといったところまで想定しておいたほうが間違いありません。子供が中心となってくるリフォームの考え方はこれからも非常に重要であり、市場としても非常に大きくなってくるのではないでしょうか。特に少子化が進み、子供にかける手間も多くなりますので。

UPDATE CONTENTS

TOP