堺の私の家のようにもっと外の光を家に採り入れたい人はリフォームを

SITEMAP

明るい部屋

浴室リフォームについて考えよう

綺麗な部屋

浴室は水周りということでカビが生えやすく、リフォームを検討する人が多いところです。浴室は壁、床、浴槽など様々な部分をリフォームできるほか、断熱や浴室乾燥機などの機能をつけることも可能です。
お風呂には大きく分けて在来工法とユニットバスの二つがあります。字面だけでなんとなく想像がつくかと思いますが、在来工法は従来の浴室スタイルで、普通の部屋にタイルなどを張り浴室として建築したものを言います。一方、ユニットバスはそのままですね。ユニットバスは在来工法のデメリットである水漏れの心配などがなく、凝ったデザインも増えているので、おすすめと言えます。
時間が経つにつれ、お風呂のお湯がぬるくなってしまい、次に人が入る場合、追い焚きを行わなければならないことがありますよね。しかし断熱型の浴槽では、保温効果があるので、その手間はかからないんです。何が嬉しいかと言うと、ずばりガス代を節約できること。頻繁に追い焚きをしていると費用が馬鹿にならないですが、断熱型であればそれを削減することができるわけです。
このほか床の技術の開発も進んでおり、滑りにくい床、冬場でも冷たくなりにくい床など、便利な床材を設置することができます。お風呂は大事なリラックス空間ですから、ぜひリフォームで快適にしてみてくださいね。

UPDATE CONTENTS

TOP